【超入門】スマホ決済のメリットを解説!

キャッシュレス決済

こんにちは、こまざわです。

PayPayやLINE Pay、楽天Payといった「○○Pay」
もう誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

この記事を見てくれている方は、まだスマホ決済が分からないという方が多いことと思います。

今回は、スマホ決済全般のメリット・デメリットについて解説していきます。
これからスマホ決済を使ってみたいという方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

現金払いとスマホ決済比較

スマホ決済に抵抗がある方の多くは現金払いを好まれる方だと思います。
まずは、現金とスマホ決済のメリット・デメリットを比較してみます。

現金払いのメリット・デメリット

現金払いのメリット

  • 現金を持っている安心感がある
  • 現金払いができないお店が(ほぼ)ない

現金払いのデメリット

  • 小銭の支払いにもたつく
  • 現金が足りないときに困る
  • ポイント還元がない

現金払いの一番のメリットは安心感ですね!
確実性の高い支払い方法です。
しかし一方で、自分のお金を下ろすのに手数料を支払ったり、ポイントを受け取れずに損をしてしまう支払い方法なんですね。

スマホ決済のメリット・デメリット

スマホ決済のメリット

  • 支払いがスムーズ
  • お得なポイント還元
  • いつでもどこでもチャージ

スマホ決済のデメリット

  • 使い方が難しい
  • 登録が面倒

個人的にはとにかく支払いが簡単なことが最大のメリットだと感じています。
ポイント還元もクレジットカードよりも高い還元率!
面倒な登録さえクリアすればあとはとっても簡単♪
上手く使ってお得にお買い物をしましょう!

スポンサーリンク

スマホ決済のメリットを深堀り

支払いがスムーズ

まずは、レジ周りに掲示してある「使えるサービスの一覧」を確認した上で、店員さんに「○○Payで!」と伝えます。

スマホ決済の支払い方法には、「コード決済」と「QRコード読み取り決済」の2種類があります。
メインは、レジの店員さんに”ピッ”とバーコードを読み取ってもらう「コード決済」です。

事前に銀行口座クレジットカードをアプリに登録。
そこからチャージした「残高」で支払います。

もちろん、貯めたポイントでも支払うことができますよ♪

コード決済

LINEアプリでこのような画面を表示させて、店員さんに見せるだけで支払い完了です。
表示されるバーコード・QRコードは5分間の有効期限があります。

そのため、他人にコードを不正利用される心配もありません。

LINE Payのコード表示画面

QRコード読み取り決済

コード決済はコードを読み取ってもらうのに対して、QRコード読み取り決済は、自分でコードを読み取ります。
読み取り決済を導入している店舗には、写真のようなQRコードが印刷されたポップが準備されています。

このQRコードをスマホで読み取って、金額を手入力、店員さんとお互いに金額に間違いがないか確認して支払いします。
支払完了の画面を店員さんに見せて完了です。(ややアナログなところがありますね笑)

いかがですか?お支払いのイメージはついたでしょうか?
どちらの支払い方法も、スマホを数回タップするだけで完了するためとっても簡単ですね!
財布の小銭をジャリジャリすることから解放されます。
朝のコンビニでレジで後ろに並んでいる人をイライラさせることもなくなります♪笑

お得なポイント還元

LINE Payなら最大3%の高還元!

現在主流の5社の基本還元率を比較した表です。
「基本」といっているのは、登録するクレジットカードや、買い物する場所やサービスによって還元率が変わる場合があるからです。

PayPayLINE Pay楽天PayauPayd払い
基本
ポイント還元率
0.5%0%~3.0%0.5%0.5%~1.5%0.5%~1.0%
サービス開始2018年10月2014年12月2016年10月2019年4月2018年4月
運営会社PayPay(株)LINE Pay(株)楽天ペイメント(株)KDDI(株)(株)NTTドコモ
※2020年10月現在

これを見るとLINE Payが最大3%還元でダントツお得なことがわかりますね!
ちなみに私もLINE Payをメインで使っています。

LINE Payを使う上で注意点が1つあります。
それは「VISA LINE Payクレジットカード(LINEクレカ)」を作ることです!
LINEクレカを作らずに支払うと、ポイント還元がなんと0%なので注意が必要です。
※詳しくは「LINEクレカ」で検索してみてください。

いつでもチャージができる

スマホ決済ならいつでもどこでもチャージができます。
今回はざっくりチャージ手段を紹介しておきます。

手段

  • 銀行口座
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 貯めたポイント

※サービスにより利用できる手段は異なります

支払うタイミング

  • 事前にアプリでチャージ
  • 支払いと同時に口座引き落とし
  • 後日クレジット払い
  • 携帯電話料金に合算

※サービスにより異なります

「急な出費で手持ちの現金が足りなくなり、仕方なく手数料を支払ってコンビニATMで現金を下ろした」っていう経験は誰しもあるかと思います。
手数料払うのってとても悔しいですよね・・・!
でも、スマホ決済ならいつでもどこでも残高のチャージができて手数料を支払うことはありません!

最後に

2014年にLINE Payがサービス開始されたときに、「Payって何?笑」ととても違和感を覚えたことを覚えています。

またPayPayが登場して大規模なキャンペーンをする前までは、店側もスマホ決済の対応に慣れておらず、「LINE Payで!」というと”レジの店員さんが戸惑ってしまう”なんてこともしょっちゅうでした笑

そんなスマホ決済も、今となっては選びきれないほどに種類が増え、サービス形態も多様化。
各社覇権争いを繰り広げるまでになりましたね。

お得なこともたくさんあるし、何よりレジがスムーズになるので、もっともっとスマホ決済が世の中に浸透すればいいなと考える次第です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました