LINEクレカのポイント還元率が改定!次のメインカードはどれにすべき!?

キャッシュレス決済

LINE Payから2022年5月Visa LINE Payクレジットカード(LINEクレカ)のポイント還元率を改定すると発表がありました。
サービス開始直後は3%だった還元率も、このたび1%となってしまいました。

  • 2022年4月末まで 2%還元
  • 2022年5月以降 1%還元

ポイント還元率で最強を誇っていたLINEクレカですが、これで他と比べても変わりのない1%還元に改悪。

チャージ&ペイも2021年に0.5%に改悪されているので、いよいよLINE Payを使うメリットはなくなってきたか・・・

LINEクレカは、今後も最適な決済体験をユーザーに提供するため、新たに2種類の商品ラインナップを今夏より順次提供開始予定としています。

スポンサーリンク

LINEクレカ2%還元はいつまでに利用すればいい?

2022年4月30日までは2%還元となっていますが、注意が必要です。

Visa LINE Payクレジットカード(LINEクレカ)利用分のポイント還元は、おおよそ利用日から1週間後に付与されます。

そのため、ギリギリの4月30日などに利用した分のポイントは確実に5月1日以降に付与されます。

その場合、新しい還元率1%が適用される可能性があります。

確実に2%の還元を受けるには、遅くとも1週間前までに支払いを済ませておくことをおすすめします。

ご利用先によっては、利用情報を月末にまとめてカード会社へ送信する店舗もあります。
その場合は、同じく1%が適用されてしまう可能性がありますので、こちらも注意したいところです。

スポンサーリンク

LINEクレカを4月中に利用したのに1%だった!

4月中にVisa LINE Payクレジットカード(LINEクレカ)で決済したのに、5月以降に1%で還元されてしまったというケースは少なからず発生する可能性あります。

そういうことが起きた場合は、問い合わせをしてみましょう。
必ずしもとは言い切れませんが、差額ポイントを付与してくれるかもしれません。

お問い合わせはこちらになります。

LINE Login
Log in to CAT_CS_LINE_Login_channel

LINEクレカの代わりになるクレジットカードは?

Visa LINE Payクレジットカードの強みを具体的にすると「いつでも・どこでも・高還元」となります。

楽天カードのように利用の仕方に応じて10%をも超える高還元率になるカードはありますが、Visa LINE Payクレジットカードを利用している方は、そういうことを気にしながら利用するのがめんどくさい方かなと思います。(ごめんなさい)

そういうVisa LINE Payクレジットカードでしたが、1%になってしまっては他のクレジットカードと大差がありません。

またVisa LINE Payクレジットカードは、特定の加盟店での支払いでポイントの増額などもないため、使い続ける旨味があまりありません。

そこで、Visa LINE Payクレジットカードと似た強みをもったクレジットカードを調べてみました。

いつでもどこでも高還元率が強みの「リクルートカード」

調べる限り、年会費無料のカードで基本還元率が高いクレジットカードとしては、1.2%還元のリクルートカードが挙げられます。

いつでもどこでも1.2%なので、利用先などを気にせずとにかく高還元率を求める方はこのカードがおすすめかと思います。

リクルートカードの特徴

・国際ブランド:VISA、JCB、MasterCard
・年会費:無料
・ポイント還元率:1.2%
・海外旅行傷害保険:最高2,000万円(利用付帯)
・国内旅行傷害保険:最高1,000万円(利用付帯)
・ショッピング保険:年間200万円(海外・国内ともに)

たまるポイント

リクルートカードではリクルートポイントが貯まります。
1ポイント=1円換算となり、通販・ショッピングサイトの「ポンパレモール」や宿・ホテルの予約サイト「じゃらん」、ヘアサロン&ビューティサロン予約サイトの「Hot Pepper Beauty」、飲食情報サイト「ホットペッパー グルメ」等のサイトで利用できます。

リクルートカードのデメリット

リクルートカードのデメリットは、そのポイントの交換先です。

「じゃらん」や「Hot Pepper Beauty」をよく利用する方はいいですが、旅行や美容室って日常的に利用するものではないですよね。

できれば貯まるポイントは生活費に充てられるものがよいと考える筆者にとっては、微妙なポイントです。

高還元率が強みのJCB CARD W/JCB CARD W plus L

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは還元率は1%なものの、特定の加盟店でのご利用時にポイントの増額があります。
ポイントが増額される加盟店にAmazonやセブンイレブンなどがあり、楽天カードなどよりも気にせず1%以上の高還元を受けられる点が高評価です。

またポイントの利用先の自由度が高く、支払いからポイントの使用まで総じて使いやすいクレジットカード可と思います。

高還元の加盟店をよく利用する方はおすすめです。還元率が高い加盟店はこちらで確認できます。

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lの特徴

・還元率1%
・年会費:無料
・39歳以下、WEB入会限定のクレジットカード

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lのメリット

Amazon、セブンイレブン、スターバックスコーヒーで最大11%還元

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは、Amazon、セブンイレブンでの利用で3倍ポイント、スターバックスカードへのチャージは10倍ポイントなど、利用しやすい店舗で高還元を受けられることがメリットとして挙げられます。

ポイントの交換先が魅力的

また貯まったポイントは、Amazonで利用したり、クレジットカードの請求金額の支払いに宛てたりと柔軟に利用することができます。

  • Amazon:1P=3.5円
  • キャッシュバック:1P=3.0円
  • スタバカードチャージ=1P=4.0円

これらは一例ですが、スタバカードのチャージに利用するのがもっとも還元率が高いですね。

個人的には支払いの一部に充てられる「キャッシュバック」にポイントを利用できるのが、高評価です。

LINEクレカの次のメインカードは○○カードで決まり

私はAmazon、スタバ、セブンイレブンをよく利用するので、JCB CARD W/JCB CARD W plus Lをメインカードにしました。

メイン:JCB CARD W/JCB CARD W plus L
サブ:Visa LINE Payクレジットカード、楽天カード

Visa LINE Payクレジットカードも解約はせずチャージ&ペイ用に継続利用します。

楽天カードは楽天市場用です。

どこで使っても2%還元だったVisa LINE Payクレジットカードの利便性には敵いませんが、上手くつかってポイントザクザク貯めたいと思います^^

コメント

  1. […] 【改悪】LINEクレカのポイント還元率が改定!次のメインカードはどれにす… […]

タイトルとURLをコピーしました