マイナポイント制度とは?お得な決済事業者はどこ?

キャッシュレス決済

みなさんは「マイナンバーカード」持っていますか?

2020年9月にマイナポイント制度がスタートしました。
決済サービスとマイナンバーを紐付けることで1人5,000円分のポイントがもらえる制度です。

2019年10月から2020年6月まで実施されていた「キャッシュレス還元事業」の次の国策です。

2000億円が投じられ、マイナンバーカード普及のためのポイントキャンペーンです。

スポンサーリンク

マイナポイント制度を利用するには

マイナポイントを受け取るにはまず、LINE PayやPayPayなどの決済サービスを1つだけ指定してマイナンバーと紐付けます。
紐付けをした決済サービスで支払いやチャージを行うと、2万円までの支払いに対して5,000円分のポイント還元を受けることができます。

実質25%還元なので、かなりの高還元率となっています。

実施されるのは2021年の3月までで、マイナポイントの予算は4000万人分と上限があります。

マイナンバーカードが必須

そもそもマイナンバーカードは必要か

マイナポイントの申込みにはマイナンバーカードが必須となっているが、そもそも生活にマイナンバーカードは必要かという声もあります。

マイナンバーカードのメリット
  • 身分証と使用可能
  • 健康保険証となる予定
  • コンビニで住民票などを取得可能
デメリット
  • 個人情報の漏洩のリスクも
  • 金融機関の口座と紐付けるという将来的運用への不安

個人情報関係ので懸念がありますが、現在すでに証券口座やFX口座を開設するにはマイナンバーカードの提出が必須である状況から推測するに、マイナンバーカードを所持していないのは、今後のあらゆる行動が取りづらくなるのでしょうか。

マイナンバーカードの発行には早くても1ヶ月程度かかるため、必要となったときに困らないようにしておきたいところ。

スポンサーリンク

どの決済サービスを選択するか

マイナポイント制度では、1つだけ決済サービスを選択する必要がありますが、多くある決済サービスからどれを選択するのがいいでしょうか。

選択できるサービスは100以上

一度申請した決済事業者は変更することができないので慎重に選択する必要があります。
ポイントを還元を受けるための申請と支払い(チャージ)は3月末までできますが、事業者ごとに実施されているキャンペーンは先着順のものや申込期限があるものもあります。

マイナポイント制度に利用できる決済事業の種類は以下のようなものがあります。

  • クレジットカード・デビットカード
  • QRコード決済 (LINE PayやPayPayなど)
  • 電子マネー (WAONやSuicaなど)
  • プリペイドカード (nanacoなど)

先に事業者ごとに実際されているキャンペーンがあると書きましたがどのようなキャンペーンがあるのか見ていきましょう。

事業者を選択する上で大事な要素になると思います。

事業者ごとのポイント上乗せキャンペーン

マイナポイント制度をお得に享受するコツとして、決済事業者が独自に実施しているポイントの上乗せキャンペーンがあります。

「国の5,000円分のマイナポイント」+「決済事業者独自の上乗せポイント」という形になります。
さらに住んでいる地域によっては「自治体による上乗せポイント」もあるためチェックしてみると良さそう!

先に説明した通り、紐付けることができる決済事業者は100以上あるため、ここでは絞って紹介します。

スマホ決済

楽天PayとPayPayはすでに現在はキャンペーンを終了していたため注意が必要。

d払いLINE Payau PAY楽天PayPayPay
上乗せ分
(円分)
1000円5000円1000円なしなし
付与方法dポイントLINKリワードau PAY残高
特典条件2021年3月31日までに
チャージまたはd払い
12月7日~16日までに申し込み2021年3月31日までにチャージ
備考マイナポイント付与額の20%
(上限1,000円相当)

電子マネー

現状、手出しなしでポイントが上乗せされるのはWAONの2000円分になりそう。
イオンをよく利用する人はWAONを選択しても良さそうです。

SuicaWAON
上乗せ分
(円分)
1000円2000円
付与方法JREポイントWAON残高
特典条件2021年3月31日までに申込み2021年3月31日までにチャージ
備考

まとめ

個人情報を気にしなければ、マイナポイント制度を利用しないという手はないですね。
今後マイナンバーカードを必要とする場面は増えてくると考えられることも踏まえると、私はカードを作っておいてもいいのかなと思います。

マイナポイントをどの決済サービスに紐付けるかは、WAONを普段遣いしている方はWAONが2000ポイント還元で最も総還元額が高くなります。

それ以外の方は、よく利用する決済サービスを紐付けてしまっていいのかなとも思います。
どこもそれほど大差はないと思います。

キャンペーンを終了しているサービスが出てきていることを考えると、さらにお得な新しいキャンペーンが始まることも考えにくいです。

いずれにしても4000万人という上限があるので、マイナポイント制度を利用しようと考えている人は早めに申込みをしたほうが良さそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました